政府は環太平洋経済連携協定(TPP)について、米国抜きの11か国での発効を目指す方針を固めた。

TPPを離脱した米国の「復帰」を求めて説得にあたってきたが、当面は困難と判断し、方針転換した。

アジア圏の自由貿易構想では、TPPのほかに、日中韓や東南アジア諸国連合(ASEAN)など16か国でつくる東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の締結交渉が進んでおり、年内合意も取りざたされている。

ただ、交渉は中国主導で進んでおり、日本政府は「市場開放が不十分に終わる恐れがある」(政府筋)と警戒している。
このため日本が主導したTPPの発効を改めて目指すことにした。5月にベトナムで開かれるTPP閣僚会合で、11か国での発効を呼びかける方向で調整している。※続く

通商交渉を巡り想定される日程
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20170419/20170419-OYT1I50050-L.jpg

配信 2017年04月20日 06時00分

YOMIURI ONLINE 続きは会員登録をしてご覧になれます
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170419-OYT1T50135.html

コメント一覧
ええことなん?
>>2エサにされるだけのような。
米抜きじゃ失敗に終わる
いいんじゃないの
間違ってもシナチョンを入れないようにな
今どき米中抜きとかヤバいにも程がある
TPPやらなくてもいいよね
これはおいしい
中国包囲網はどうした
国民皆保険とかいうゴミが消え去るなら支持する