首都圏地域で、平日のお昼前にNHKで放送されている『ひるまえほっと』という情報番組があります。

 

 

www.nhk.or.jp

 

その2015年7月2日木曜日の放送で「広がる 英語の“多読”」という情報がありました。

群馬県立前橋女子高等学校では英語の多読の授業があるそうです。この授業は、10分間ひたすら好きな英語の本を読み進めるというもの。ただしルールがあります。

 

  • 辞書は引かない
  • 分からないところは飛ばす
  • つまらなくなったら止める

 

できるだけたくさんの英語に触れることで、英語を日本語に置き換えずに理解する力をつけようとする試みだそう。

生きている英語の中で、繰り返し出てくる重要な単語や普通の構文に触れる、そういったものに気がついたり自然に覚えたりする効果も期待できると、高校の主任教師の方が仰っていました。

群馬大学でも多読を取り入れています。5年前に導入してTOEICのスコアを10%以上上げることに成功しているのだとか。大学の教育基盤センター准教授の方は「多読は野球に例えるとノックなんです。読んで読んで読んで……いっぱい読んで自然に習得できる。英語の全体的な力を磨くときは多読を続けることが大事」と仰っています。外国の方でした。

 

これを見て、英語の学習にとても良さそうだと感じました。VTR中に生徒さんが言っていましたけど、長文読解で特に威力を発揮しそうな勉強法ですね。

英語はよく英語脳や英語耳にすることが大事と言いますし、勉強はどれだけ時間を費やしたかが大事というのは英語に限った話ではないと思いますから……と言いつつ私は英語だけでなく勉強が苦手なんですけどね。

下に貼った『脱社畜ブログ』さんの記事にも……

 

ちょっとでも心が折れそうになるものは、すべて無視する。その代わり、一刻も早く本を最後まで読みきる。やる気が続いているうちに、とにかく参考書を一周するのだ。最初は、それだけに集中する。

やる気を持続させるためには、一回の勉強の中で「わからないこと」を詰め込む割合を制限したほうがいい。 

大切なことは、「完璧な一回」よりも「いい加減な数回」を大事にすることだと思う。

 

……とありますが、今回紹介した英語の多読に通ずるものがあるな、と当時読んだ記事をを思いだしました。

 

 

dennou-kurage.hatenablog.com

 

 

ブログを継続して読んで頂いている方は御存知のことと思いますが、私はNHKとEテレを見ることが好きで、英語の番組も毎日のように見ています。『えいごであそぼ』や『プレキソ英語』『おとなの基礎英語』『ニュースで英会話』『TED』といったところですね。

 

 

dysdis.hatenablog.com

 

 

上に貼った記事に書いたかもしれないですけど、英語の番組なのに日本語が多いなという感覚がとても大きく、少し残念な思いをします。

私は日本語で考えるのではなく英語をそのまま理解したいんです。Apple→リンゴではなく、AppleをAppleだと認識したい。なので、挙げた番組でも比較的日本語の少ない『えいごであそぼ』と『プレキソ英語』をよく見ています。

ところが、大人向けの番組となると途端に日本語率が高くなります……日本語率の低い、英語率の高い番組となると『TED』くらいしかなくなってしまうんです。

NHK WORLDや他のネットで海外のニュース番組などを見ればいいじゃん、あるいは海外の映画やドラマを買うか借りるかして観ればいいじゃん、と思われるかもしれないですけど、私は英語を勉強したいのではなく、あくまでテレビをダラダラ見ている中で英語番組を見たいので、あえて英語のための行動を取りたくはないんです……面倒くさい人ですみません。

 

洋画で思い出しましたけど、先週『クレイマー、クレイマー』が深夜に放送されていました。Kramer vs. Kramer。Dustin Hoffman(ダスティン・ホフマン)とMeryl Streep(メリル・ストリープ)が出演している離婚裁判を扱った名作映画です。1979年公開の米国の映画。

この作品は思い出深くて、大学の英語の講義でこのKramer vs. Kramerを扱いました。字幕なしのSound Only (英語) のKramer vs. Kramerを観ながら、途中途中で先生がVTRを止めて、ここでTed Kramerが何と言っていたか、Joanna Kramerが何と言っていたか、を生徒に質問したり、生徒でグループになって話し合ったりしていましたね。当時はあまり好きな講義ではなかったですけど、今思うともっと真剣に受ければ良かったなぁと思います。

英語の多読も有効そうですし、洋画を字幕なし(もちろん日本語吹き替えなし)で全編観てみるのも、英語脳や英語耳にしたり、英語への恐怖心をなくすのに良さそうに感じられます。

Kramer vs. Kramerは良い作品ですよ。Dustin Hoffmanの演技が特に素晴らしい。そして無性にフレンチトーストが食べたくなる映画です。

 

洋書というと、今、手元には『Harry Potter』の第1作『Harry Potter and the Philosophers Stone(ハリー・ポッターと賢者の石)』のペーパーバックがあります。まだほとんど手を付けていないですけど、読んでみようかなと思いました。

Harry Potterは家族が好きでして、その付き合いでテレビで放送される映画を何度も見てきましたけど、あまり楽しく感じられないんですね、私には。ネットで調べると、原作は面白いという声がチラホラ聞かれたので、ペーパーバックを買ってみたのですが、案外難しく挫折中です……復活しましょうか。

 

 

クレイマー、クレイマー [Blu-ray]

クレイマー、クレイマー [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 発売日: 2010/04/16
  • メディア: Blu-ray
  • 購入: 1人 クリック: 5回
  • この商品を含むブログ (14件) を見る
 
クレイマー、クレイマー コレクターズ・エディション  [DVD]

クレイマー、クレイマー コレクターズ・エディション  [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日: 2011/01/26
  • メディア: DVD
  • クリック: 7回
  • この商品を含むブログ (24件) を見る